ブログ

クリニック・病院の事務長の年収・給与の相場を特集!

事務長_1200_630

クリニックや病院の運営において、医師や看護師などの医療スタッフだけでなく、事務職も重要な役割を担っています。特に、事務長はクリニックや病院の運営を円滑に進めるために欠かせない存在です。

では、その事務長ですが年収・給与はいくらが相場なのでしょうか?

この記事では、クリニックや病院の事務長の年収・給与について解説します。

クリニック・病院の事務長とは

クリニック・病院の事務長は、事務業務全般を統括する責任者の役割を担います。

事務長は、運営管理や人事・労務管理、経理・財務管理など、クリニック・病院運営に関わるさまざまな業務を統括し、スタッフと連携してクリニック・病院の運営を円滑に進めるのが主な仕事です。

事務長に求められる能力には、医療業界での経験やコミュニケーション能力、運営に関する知識や経験、ITスキル、忍耐力やチームワークなどの幅広いスキルが必要とされます。

クリニック・病院の事務長の年収・相場の相場

クリニック・病院の事務長の年収・給与相場についてですが、クリニックや病院の規模や医療法人、公立、私立、個人などの違いによっても変わります。また、能力に応じて変動する場合もあります。

その前提をふまえた上で、求人サイトを中心に調査した結果、事務長の年収・給与相場は以下の通りです。

事務長:700~1,000万円

事務長代理・事務長候補:500~800万円

これらの金額はあくまで相場であり、実際の年収は個々の状況によって異なります。

例えば、大規模な医療法人の事務長であれば、年収が1,000万円を超えることもあります。一方、小規模なクリニックの事務長の場合は、年収が500万円~600万円程度になることもあります。

事務長の年収や給与は、クリニックや病院の規模や能力などによって変動しますが、その役割や責任は非常に大きいことから、事務職の中では高い報酬が支払われることが一般的です。

まとめ

medicalblog_4

クリニックや病院の事務長は運営を円滑に進めるために重要な役割を果たし、幅広いスキルが求められます。

事務長の年収・給与の相場は、クリニックや病院の規模や能力などによって変動しますが、事務長が700~1,000万円、事務長代理・候補が500~800万円です。これらはあくまで相場であり、実際の年収は個々の状況によって異なります。

医療機関の組織全体で見れば、事務長はその役割や責任が非常に大きいことから、事務職の中では高い報酬が支払われることが一般的です。

資料請求 お問い合わせ