ブログ

【クリニック 集客のコツ】競合クリニックとの競争を避ける戦略

eyecatching8_1200_630

クリニックの集客戦略を検討するにあたっては、開業段階で競合クリニックとの競争環境を理解し、適切に対応することが重要です。そのための一つの戦略として、競合との直接競争を避ける方法があります。

この記事では、そのような「競合クリニックとの競争を避ける戦略(競争回避戦略)」について特集します。

開業地の選定と市場の限定性

現在、オンライン診療が急速に普及しているものの、医療サービスの根幹は依然として対面でのサービス提供にあります。このため、クリニックの立地は集客において重要な要素です

開業地が決まると、市場(診療圏)も自然と限定されます。

同じ診療科目を提供する複数のクリニックが市場内(診療圏内)に存在する場合、その市場内での競争は激しくなり、競争優位を築くためのコスト増加を招き、結果的に利益が減少する傾向にあります。

スイッチングコストの高さと先行者利益

スイッチングコストとは、ある製品やサービスから代替製品やサービスへの乗り換えに伴うコストを指します。医療サービスにおいては、生命や健康に直結するサービスの性質上、このコストが特に高いと言えます。

既に市場で確立されたクリニックが存在する場合、そのクリニックは高い認知度と強固な患者基盤を有しています。このようなクリニックが存在する市場において、新規患者を獲得するのは困難です。そのため、人口増加が見込まれる特定地域を除き、強力な競合クリニックがいる市場への新規参入は避けた方が賢明と言えるでしょう。

このように、競合クリニックとの競争を避け、勝てる市場を見つけて開業地を選定することは、クリニックの集客戦略における一つの鍵となります。

著者情報

著者画像
阿南 芳和
株式会社医療経営コンサルティング 代表取締役
武田薬品工業やエムスリー、医療法人Giを経て、2023年に株式会社医療経営コンサルティングを創業。ホームページ制作、リスティング広告、SEO・MEO対策などWebマーケティング分野を得意領域として、数多くのクリニックで集患の実績をあげている。
無料相談 お問い合わせ