イマジナリーラインと180度の原則|映像制作のルール

この記事では映像制作に役立つ情報をご紹介します。
今回は「イマジナリーラインと180度の原則」について特集します。

イマジナリーラインとは

まずイマジナリーラインとは何かについてご紹介します。

イマジナリーラインとは、映画製作における専門用語で、2人の人物のアイラインを結ぶ仮想の線、あるいは人物、車両などの進行方向に延ばした仮想の線をさします。

イマジナリーライン_改定
イマジナリーライン

このイマジナリーラインは、複数の人物が対話する映像シーンで用いるのが一般的です。

180度の原則

イマジナリーラインを活用した撮影手法に「180度の原則」があります。

180度の原則とは、イマジナリーラインを軸にしてどちらか片方に180度の半円を描き、その半円のエリア内にのみカメラをポジショニングして撮影するという手法です。

180度の原則
180度の原則

この180度の原則を守らずイマジナリーラインを越えて撮影すると、映像同士がうまくつながらず構図が崩れ、視聴者に混乱を与えてしまいます。

例えば、右側に立っていた人物が左側に移動し、左側に立っていた人物が右側に移動するといった形で位置関係が崩れます。その結果、映像を見た視聴者が混乱するといった具合です。

映像の中には、あえてイマジナリーラインを越えて撮影し、原則を崩すことで効果的な映像・ストーリーを作り出している作品もありますが、基本的にはイマジナリーラインにもとづく180度の原則を守り、撮影を行った方が良いでしょう。

以上、この記事では映像制作に役立つ情報として、「イマジナリーラインと180度の原則」について特集しました。
ご紹介した内容が少しでもご参考になれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※参考書籍
書籍名:Filmmaker’s Eye -映画のシーンに学ぶ構図と撮影術:原則とその破り方-
著者:グスタボ・メルカード、Gustavo Mercado

  • 関連記事
PAGE TOP