労災保険の目的とは|分かりやすく簡単に解説

この記事では“労災保険の目的”について解説します。

労災保険の目的を分かりやすく簡単にご紹介していきます。ぜひご参考ください。

労災保険の目的

【労働者災害補償保険法 条文】

法1条
労働者災害補償保険は、業務上の事由、事業主が同一人でない2以上の事業に使用される労働者(以下「複数事業労働者」という。)の2以上の事業の業務を要因とする事由又は通勤による労働者の負傷、疾病、障害、死亡等に対して迅速かつ公正な保護をするため、必要な保険給付を行い、あわせて、業務上の事由、複数事業労働者の2以上の事業の業務を要因とする事由又は通勤により負傷し、又は疾病にかかつた労働者の社会復帰の促進、当該労働者及びその遺族の援護、労働者の安全及び衛生の確保等を図り、もつて労働者の福祉の増進に寄与することを目的とする。


法2条の2
労働者災害補償保険は、第1条の目的を達成するため、業務上の事由、複数事業労働者の2以上の事業の業務を要因とする事由又は通勤による労働者の負傷、疾病、障害、死亡等に関して保険給付を行うほか、社会復帰促進等事業を行うことができる。

労災保険法は、業務上や通勤時の理由、またダブルワークで働く場合は複数の会社での業務上や通勤時の理由によって、労働者が負傷、疾病、障害、死亡などした場合に迅速かつ公正な保護を行うことを趣旨としています。
あわせて被災労働者の社会復帰の促進、労働者が亡くなられた場合は遺族の援護、労働者の安全及び衛生面の充実を行い、労働者の福祉の増進に寄与することを目的としています。

その目的を果たすため労災保険法では、労働者の負傷、疾病、障害、死亡などに対して必要な保険給付を行います。さらに被災労働者の子供の就学費を援助する労災就学援護費などの社会復帰促進等事業を行います。

  • 関連記事
PAGE TOP