三分割法とは何かを特集|映像・動画制作

この記事では映像制作に役立つ情報をご紹介します。

今回は「三分割法」について特集します。

三分割法とは

映像撮影においてバランスの取れた構図を作るための定番手法として「三分割法」があげられます。

この三分割法はフレームを縦横に3分割し、その分割線の交点にスイートスポット(最適点)が生まれる手法です。このスイートスポット(最適点)に被写体を置くことでバランスとの取れた構図の映像を作り出すことができます。
また被写体が人物の場合は、被写体の目を分割線の交点のスイートスポット(最適点)に配置すると、より魅力的な映像に仕上がります。これは被写体となる人物の目が構図に占める重みが大きいためであり、この重みのある目をスイートスポットにバランスよく配置することで、全体の構図のバランスも取ることができます。

三分割法1
スイートスポットに被写体の目を配置した構図

なお被写体の目の視点で考える三分割法の活用の仕方については、視線に着目することも重要です。

視線の先に空間を生み出す構図で撮影することで視覚的な安定感が得られます。
右に視線を向けている場合は右に空間を、左に視線を向けている場合は左に空間を持たせるといった具合です。
(あえて視線の先の空間を狭くすることで、停滞感を生み出す手法もあります。)

三分割法3
視線の先の空間を意識した構図

その他、分割線自体を有効活用することもできます。
分割線に地平線や水平線を配置することで、こちらもバランスの取れた構図の映像となります。

三分割法2
分割線と地平線を意識した構図

三分割法のまとめ

三分割法は万能構図と言われ、人物、風景をはじめ様々な撮影で活用できる手法です。
三分割法を意識すれば簡単にバランスの取れた映像を撮ることができます。
映像制作の際には、必ず覚えておきたい構図ですね。

以上、この記事では映像制作に役立つ情報として、「三分割法」について特集しました。
ご紹介した内容が少しでもご参考になれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※参考書籍
書籍名:Filmmaker’s Eye -映画のシーンに学ぶ構図と撮影術:原則とその破り方-
著者:グスタボ・メルカード、Gustavo Mercado

  • 関連記事
PAGE TOP