デジタルトランスフォーメーションとは|DXを分かりやすく解説!

この記事では、「デジタルトランスフォーメーション」を特集します。

この記事をお読みいただければ、デジタルトランスフォーメーションとは何か、デジタルトランスフォーメーションの概要について理解することができます。

ご紹介する内容は「デジタルトランスフォーメーションとは何か」、「デジタルトランスフォーメーションの必要性」、「デジタルトランスフォーメーションの進め方」の3点です。

ぜひ、最後までお読みください。

デジタルトランスフォーメーションとは何か

まず初めに「デジタルトランスフォーメーションとは何か」、デジタルトランスフォーメーションという言葉の定義についてご紹介します。

デジタルトランスフォーメーション、略語としてDXの定義ですが、経済産業省が発表したDXガイドラインによると「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」を意味します。

長すぎて分かったような分からないような感じですね・・・(笑)

個人的にこの定義を分かりやすく解釈すると、DXとは「国内外での変化の激しいビジネス環境の中で、データとデジタル技術を活用して、顧客志向の新しい価値を生み出し、競争優位を確立すること」と考えています。

デジタルトランスフォーメーションの必要性

ここからは、デジタルトランスフォーメーション(DX)の必要性をご紹介していきます。

近年急速なデジタル化にともない、自社のビジネス環境はもちろんのこと、産業自体の構造、時に国の政治の体制までも変える事態が起こっています。

今までのビジネスモデルが通用しなくなる。
このような現象が急速なデジタル化で起こっています。

例えば金融業界で起こる「フィンテック」。
フィンテックとは、金融サービスと情報技術を結びつけた造語を意味しますが、金融業界ではこのフィンテックによって金融業の代表といえる銀行の存在が脅かされています。

この2、3年で一気に普及し、私たちが利用するペイペイなどのキャッシュレス決済もフィンテックの一つ。
以前はお金が足りないときは銀行のATMや窓口で現金をおろす必要がありましたが、QRコード決済などのキャッシュレス決済が普及したことにより、現金が手元になくても決済ができるようになりました。

フィンテックが普及することで、銀行の業務が銀行以外でも可能になる、さらに将来的には銀行口座を持たない人でもお金の管理ができるようになるとされています。

このようなことから、銀行業はデジタル化によってビジネスモデルの転換を迫られていると言えます。

このように近年急速に進むデジタル化は、既存のビジネスモデルを破壊して新たな勝者と敗者を生み出します。

この急速なビジネス環境の変化に対応するために、社内でDXを推し進めることは必要不可欠です。
また私見ですが、DXは企業活動に限らず個人にもあてはまり、個人活動におけるデジタルトランスフォーメーションも重要と考えています。

デジタルトランスフォーメーションの進め方

この記事の最後にデジタルトランスフォーメーション(DX)の進め方についてご紹介します。

社内でDXを進めるにあたり、重要なポイントは5つです。
その5つとは、「意識」「組織」「制度」「権限」「人材」です。

まず社内にDXに対する意識を醸成させること。
そして組織構造、制度をDXにあわせて改選すること。さらにDXに適した人材を登用し、権限を与えDXを力強く推進することです。

この5つのポイントですが、1つでも欠けるとDXの推進はうまくいきません。
日本企業は経営層のデジタルに対する知識が軽薄で、前例主義の組織マネジメントも目立ちます。
その組織風土から変化に対する社内的抵抗も強いでしょう。
特に中年・高年齢層にとっては今まで扱ってこなかったデジタルが仕事に入り込んでくることはストレスでしかありません。

それでも、企業が今後生き残っていくためにはDXから目を背けることはできません。
トップ自らが強くDX推進の旗振りとなり、DXが必要な理由とDXで目指す場所(ゴール)を示す必要があります。

そして強力なフォロワーを見つけ、協力者・賛同者を徐々に増やしていく。
時に外部の専門家の意見を聞く、取り入れることも必要でしょう。

その上で短期間で経験できる小さな成功体験を重ね、大きな成果へと繋げていく流れが必要です。

デジタルトランスフォーメーションの未来

「すべてがデータでつながる時代」。

それがこれから到来するデジタル時代と言われます。

「AI」、「IoT」、「5G」などの技術によって、今後さらなる「社会のデジタル化」が進みます。
ビジネスモデル、組織体制、さらに企業風土の全てをデジタル前提で組み立てることが求められます。

今後、企業の将来性を左右するものは「デジタルトランスフォーメーションへの取り組み」と言っても過言ではないでしょう。

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP