ブログ

【クリニック リスティング広告】成果事例|運用の見直しでCV数が倍増!

eyecatching8_1200_630

株式会社医療経営コンサルティングの阿南です。

弊社では、クリニックや病院など医療機関に特化した形でリスティング広告の運用を行っています。

この記事では、「クリニックのリスティング広告の運用を見直すことでCV数が倍増した事例」について特集します。

リスティング広告とは

Listing advertisement thumbnail

リスティング広告とは、日常的行動になっているインターネット上の検索行動、その中でも最も私たちにとって身近な検索エンジンであるGoogleとYahoo!のWeb広告「Google広告・Yahoo!広告」の総称を意味します。

このリスティング広告は、主に検索結果に連動して広告を表示する「検索連動型広告」とニュースサイトやブログなどのWebサイトにバナーなどを表示するコンテンツ向け広告の2種類が存在します。

近年、スマートフォンが急速に普及して、私たちの生活に欠かせないものとなっています。これに伴い、消費者行動のデジタル化も急速に進み、患者の受診行動にも同様の変化が現れています。

日常的となったインターネット上の検索行動は、クリニックや病院の集患行動においても大きな影響力を誇り、インターネット上の検索行動で受診先を決める患者さんも少なくありません。

そのため、近年リスティング広告がクリニックや病院の集患戦略を考える上で重要な施策となっています。

運用の見直しでCV数が倍増した事例

medicalblog_3

リスティング広告を活用して手術件数を倍増させ、集患力を飛躍的に向上させたクリニックの事例をご紹介します。

事例のクリニックは日帰り手術を専門に提供しており、以前からリスティング広告を利用していました。しかし、その手術件数は月間20件程度と伸び悩んでいました。

そのような状況の中で、弊社に集患対策のご依頼をいただき、対策の一環としてリスティング広告の設定の見直しを実施しました。主な見直し内容としては、入札戦略の変更、キーワードや広告文の見直しを行いました。ただし、ランディングページや広告配信地域自体は変更していません。

見直しを行った結果、リスティング広告経由での申込数(コンバージョン数)は約3倍増加し、月間の手術件数も50件以上と大幅に増加しました。

リスティング広告を実施していないクリニックが、リスティング広告を新しく出稿することで大きな成果に繋がる事例は多いです。一方で、今回の事例のようにリスティング広告の質を改善することで成果につながることも少なくありません。

今回の事例のように、すでにリスティング広告を実施していても、その内容や運用方法を見直すことにより、さらなる成果が期待できます。

まとめ

medicalblog_2

この記事では、「クリニックのリスティング広告の運用を見直すことでCV数が倍増した事例」について特集しました。

クリニックの集患対策においては、リスティング広告は欠かせない手法となっています。実際に、弊社の集患支援では、リスティング広告を基軸に据えて集患戦略を立案することが多いです。

今回ご紹介した背景をふまえて、集患力を強化したいとお考えのクリニックには、リスティング広告の導入をおすすめします。

著者情報

著者画像
阿南 芳和
株式会社医療経営コンサルティング 代表取締役
武田薬品工業やエムスリー、医療法人Giを経て、2023年に株式会社医療経営コンサルティングを創業。ホームページ制作、リスティング広告、SEO・MEO対策などWebマーケティング分野を得意領域として、数多くのクリニックで集患の実績をあげている。
無料相談 お問い合わせ